地域の市民が地域の高齢者や障がいを持つ市民を支えていく、
  それを未来にわたって繋げていく、そんな市民後見人を目指しています。

ご挨拶

昨今、日本社会は高齢化が進み男女ともに平均年齢は80歳を超えて、女性の2人に1人は90歳の時代に入りました。
そして高齢者の4人に1人は認知症またはその予備軍であると言われ、2025年には認知症の人が、700万人を超えるという推計が発表されています。
 
 家族の形が変わってきており、家族間が疎遠になっていたり、または家族には頼りたくなかったりする方も大勢でてきています。でもご本人は住み慣れた地域で、できるだけ自分らしく暮らしたいという思いをもった方々が多くいらっしゃいます。
 
 また、障害をもつ我が子が親なき後にどうやって安全に守られて生きていけるのだろうと、ご心配をいつも感じている
ご両親の方々も多くいらっしゃいます。

 そのような方々のために、私たち「市民後見いきいきNet所沢」は、助け合いの精神をもって、できるだけ安い費用で、
判断力が低下したり身体の機能が劣った高齢者や障害をもつ方々が幸せに人生の最後の最後までを楽しく暮らせるように支えていきます。


「市民後見いきいきNet所沢」   代表 中川博之

最新情報

2018年12月01日
賛助会員のページを設けました。
2018年11月28日
主な活動報告のページを更新しました。10月、11月に障がい者の通所施設で研修会を行っています。
2018年10月25日
当NPO法人が、所沢市社会福祉協議会 地域福祉活動推進会議の委員に8月1日より加わりました。
» 続きを読む